🏗️

試作車開発チーム

属性
車載電装系
機械系
制御系
電気電子系
ハードウェア
評価・試験

試作車開発チームとは

TURINGが量産する車の前身となる試作車を設計・開発するチームです。

Why なにが課題なのか?

TURINGは、2030年までに完成車メーカーになります。
TURINGがゼロから車を完成させるまでの道のりには多くの不確実性があります。その不確実性をつぶすのが試作車開発です。TURINGが実現したいクルマを試作し、そこからフィードバックを素早く得ることでTURINGが完成車メーカーになれるのが速まります。

How どうやってチームはこの問題を解決するのか?

量産までの道筋をいくつかのステップに分割し、各ステップでの目標を設定し、実際に車を作ります。最初はごくシンプルな「走る」「曲がる」「止まる」だけができる車を開発し、そこに少しずつTURINGの完成車が備えているべき特徴を実装していきます。
また、少人数のスタートアップであるTURINGが試作車を作るためには、ソフトウェア、ハードウェア、電気電子、モーター、制御などあらゆるレイヤーの知識を集める必要があります。TURINGでは、自動車エンジニア、ロボットエンジニア、ソフトウェアエンジニアなど、異なるレイヤーに専門性を持つメンバーが集まり、日々互いの知識を高めあうことで少しずつ試作車を完成に近づけていきます。
あらゆるものがそうであるように、いきなり大きなものは作れません。私たちは仮設立案、試作、フィードバックを重ねて徐々に私たちの車を進化させていきます。

Who どのようなペルソナが求められるのか。

試作車開発に必要なすべての知識を持った人というのは、ほとんどいないのではないかと考えています。 なにか一つに高い専門性を発揮しながらも、それ以外の解像度の低い分野を着実に身に着けられる賢さと、そういった仕事を楽しめる気前の良さがある人が活躍できると思います。 また、部品のサプライヤ企業とのコネクション作りや、調達のリードタイムを意識した開発プロセス策定など、高いビジネススキルも必要とします。

応募フォーム

CEO山本・CTO青木・COO田中のDMを開放しておりますのでお気軽にご質問、お問い合わせをお送りください。→@issei_y@aoshun7, @DaisukeMAN