AI技術による信号機の認識アルゴリズムを開発

人工知能による完全自動運転とEV車両の開発に取り組むチューリング株式会社(千葉県柏市、代表取締役:山本一成、以下「チューリング社」)は、自社開発の走行データベースを用いた信号機の高精度識別モデルの開発に着手致しました。チューリング社ではこれまで約1000時間分の走行データの取得・走行データベースの構築を完了しており、本データベースと自社開発のAI技術を用いることで、画像認識による信号機の認識技術の開発を行っています。AI・深層学習による信号機の認識技術を自動運転システムに組み込むことで、追加のセンサ機器・道路インフラ機器を必要としない信号機認識システムの実現を目指します。
 
詳細はこちらから